仕事の記事 (1/1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

在宅勤務って大丈夫?って大丈夫?

AL301_nekutai0120140830125714_TP_V_convert_20170614021042.jpg

昨日も働き方改革の話をしたけれど、今日は、「在宅勤務」についてちょっと。

どうも在宅勤務の考え方の根底に、

「見えないところで仕事をサボる」

というのが見え隠れしてるようでならない。
勤怠がわかりずらいとか、コミュニケーションが取りづらいとか話が出ているが、
仕事をしていれば(コミュニケーションを無視していいわけではなく、必要な時には
きちんとコミュニケーションを取れることが前提)、どこで仕事をしていてもなんの問題もないと思う。

そもそも、見えないところで仕事をサボる人は、仕事で何をすればいいかわからず、
指示を待っている人だから、そういう人は在宅勤務をしてはいけない。

何をすべきかを自分で管理できる人だけが在宅勤務をすればいい。
会社のみんなが会社にいて、自分だけが客先に行ってるときなんかは、在宅(家にいる)のと
なんら変わりはない。
ただ、客先に行ってるという変な安心感だけである。

全員が在宅勤務をすれば、それにそぐわない人、自覚をしていて家では仕事ができない人は
仕事がはかどらないし、コントロールできる人、そもそも会社にいない人なんかは、
非常に効率のいい制度だと思う。

残業もそうだけど、自分自身の責任で仕事ができる世の中にならないと、こんな議論だけが
一人歩きして混乱するんだろうな。

個人がサボれば管理者の責任、個人が問題を起こせば会社の責任という社会は、
発展しずらいんだろうな。


自分自身には責任をとりたいものだ。


〜世の中ってそうだよね〜



気まぐれ日記 ブログランキングへ

ブログ内の画像は「フリー写真素材ぱくたそ」を利用しています。


スポンサーサイト

「働き方改革」って本当はどうなの?

IMARIC20160805310323_TP_V_convert_20170612005000.jpg

今、巷でなにかと話題の多い「働き方改革」。

会社はなにを言ってるかというと、

「働き方改革」 = 「残業規制」

を声を大にして叫んでいる。
本当にこれはイコールなのか、いや違うはず。

残業時間の多さで鬱にはなりやすいかもしれない。だけどそれだけでは絶対にないと思う。

それはなにかと言うと、「働きがい」「面白さ」に尽きる。
どんなに短い勤務時間でも、「やらされてる仕事」をやっている限り、それはつまらない仕事だし、
やり甲斐もないし、終わりのない迷路をさまよっているようで不安にもなる。

だけど、「自分から進んでやる仕事」は面白いし、多少時間が長くても心の病にはならない。
むしろ、「やり甲斐がある仕事」でもう少しお客様のために、自分のために仕事をしたくても
無理やり仕事をやめさせられる方がよっぽどストレスがたまる。

 ・今やってる仕事は面白いか?
 ・今やってる仕事は指示されたものをそのままやってないないか?
 ・今やってる仕事は人に自慢できるか?

彼女のために指輪を選ぶのに、どんな指輪が好きなのか、どんな場所でいつ渡すのが
喜ばれるか夜中まで調べて、寝る時間がなくなっても辛くないよね。

面白いゲームがあって、どうやれば強くなれるのか、どうやればレベルが上がるのか
をひたすら考えて練習してるのは辛くないよね。

スポーツも、うまくなりたい、強くなりたいと日々自ら人より多く練習をしてても
練習をしてる時は頑張れるよね(最近はスポ根での練習もよくないみたいだけど)。

どうしても決まりを作るとなると、日本は「100」か「0」かのどちらかに
決めたがる傾向にある。それは、気持ちを汲み取れないから。気持ちを汲み取れれば、
本当に時間をかけて何かをやりたい人、本当はやりたくないのにやらされてる人が
わかるのに。

はっきり言って「残業規制」だけの考え方は反対。
やりたくないのにやらされてる人のためには必要な施策だとは思う。

やりたい人(あまりいないかも)は思う存分働ける環境が、
本当の「働き方改革」なんではないだろうか。


〜世の中ってそうだよね〜



気まぐれ日記 ブログランキングへ

ブログ内の画像は「フリー写真素材ぱくたそ」を利用しています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。