方向性の記事 (1/1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「感」て人によって違うんだよね

満腹感、お得感、安堵感、スッキリ感とかって人によって違うんだよね。「感」だから。でも、危機感とスピード感は「感」が付いても一緒に仕事をする人と合わせなくちゃ(合ってないと)なかなかうまくいかない。
スポンサーサイト

同じ方向を

いつも心がけている事がある。それは、

「同じ方向を向いて仕事をする事」

例えば、お客さまと仕事をするときに、お客様と向き合ってはダメだという事。
お客様にも先のお客様がいて、先のお客様にも先の先のお客様がいる。

お客様と向き合ってしまうと、そのお客様に対しての理由や解決策を見つけようとしてしまう。
例えば、障害が起きたときは、お客様に報告するのではなく、お客様が先のお客様に報告するためには何を求めているかを理解した上で報告をするという事になる(ちょっとわかりづらい?)。

だから、仕事は向き合った瞬間に、そこで止まってしまう。

「できない言い訳を考える。できない事を怒りだす。」

それでは何の解決にもならない。

「できないのであればどうすればできるのか、いつまでかかるのか、どのように進めるのか」を明確に示し、
「相手ができないのであれば、できない理由を一緒に考えて解決策を導いていく」

これができる事が、プロジェクトを止まらせないことだと思う。

「お客様と向き合うな!お客様と同じ方向を見て仕事をしろ!」

ってことです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。