スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リスクって布のシワのようなもの

久しぶです。(だれも見てないか(^^;)

仕事がら、リスクヘッジが大事だということが多い。
当然言われることも多い。

けど、リスクってあくまでも自分のリスクってことを語っていることが多い。
例えば、「この案件はスケジュールが厳しい。リスクがあるから請負じゃなくて支援にしよう」とか。

たしかに言ってることは正しいし、自分の企業のためにはそれがいいんだと思う。
だけど、なんか腑に落ちないこともあったりする。

「そのリスク、どのに行っちゃうんだろう?」

上の例で、支援になったらリスクがお客様のほうに行ってるだけじゃないの?

自分の目のまえのシワは伸びてるけど、そのシワ、お客様のほうに行ってるだけ?

な〜んて考えがよく浮かぶ。
解決策を一緒に考えて、お互いにリスクをなくすことが正しい解決方法。
自分だけがリスクから逃げられて満足してるようじゃダメですよ。

という話。


気まぐれ日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。