スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

在宅勤務って大丈夫?って大丈夫?

AL301_nekutai0120140830125714_TP_V_convert_20170614021042.jpg

昨日も働き方改革の話をしたけれど、今日は、「在宅勤務」についてちょっと。

どうも在宅勤務の考え方の根底に、

「見えないところで仕事をサボる」

というのが見え隠れしてるようでならない。
勤怠がわかりずらいとか、コミュニケーションが取りづらいとか話が出ているが、
仕事をしていれば(コミュニケーションを無視していいわけではなく、必要な時には
きちんとコミュニケーションを取れることが前提)、どこで仕事をしていてもなんの問題もないと思う。

そもそも、見えないところで仕事をサボる人は、仕事で何をすればいいかわからず、
指示を待っている人だから、そういう人は在宅勤務をしてはいけない。

何をすべきかを自分で管理できる人だけが在宅勤務をすればいい。
会社のみんなが会社にいて、自分だけが客先に行ってるときなんかは、在宅(家にいる)のと
なんら変わりはない。
ただ、客先に行ってるという変な安心感だけである。

全員が在宅勤務をすれば、それにそぐわない人、自覚をしていて家では仕事ができない人は
仕事がはかどらないし、コントロールできる人、そもそも会社にいない人なんかは、
非常に効率のいい制度だと思う。

残業もそうだけど、自分自身の責任で仕事ができる世の中にならないと、こんな議論だけが
一人歩きして混乱するんだろうな。

個人がサボれば管理者の責任、個人が問題を起こせば会社の責任という社会は、
発展しずらいんだろうな。


自分自身には責任をとりたいものだ。


〜世の中ってそうだよね〜



気まぐれ日記 ブログランキングへ

ブログ内の画像は「フリー写真素材ぱくたそ」を利用しています。


スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。